counter

2006年08月11日

デスクトップ用メモリ1Gを買った

使っている自作パソコン(マザーボード:A8N-VM CSM、OS:WindowsXP)は512MB(256x2)だったのですが、いろいろソフトを立ち上げると足りなくなっていたので、いつか増やそうと思っていた。

と言うことで、今日ソフマップでバルクのPC3200の1G(512x2)を買いに行った。

メーカーは品質が良いで有名なセンチュリーマイクロにすることにした。

買いに行ったソフマップでは、センチュリーマイクロ製として売られていたメモリの基板はCenturyMicroでは無く、CMIと書かれているバージョンだったが、ネットで調べた情報によると、CMIはセンチュリーマイクロのサブブランドと言う事で、違いは保証期間だけらしい。CenturyMicroは5年、CMIは1年、本当かどうかは分からないけど。

違いはそれだけと言うことで、それを購入。

ちなみにメモリのチップはHynix製だった。

実際に取り付け、メモリ診断ソフトのmemtest86+で7回ぐらいループさせて、エラー0だったので大丈夫だろう。

これでいっぱいソフトを立ち上げてもHDDがガリガリ言わなくなった。良かった、良かった。

posted by pitokka at 23:59 | TrackBack(0) | 買った&レビュー このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1107302
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック